メインコンテンツに移動

図書館について

山陽小野田市立山口東京理科大学の教育研究の基盤施設として、大学の基本理念を実現するため、図書館の「使命」を掲げ、その達成に向けて定めた「目標」を着実に実行します。図書館は、学習・研究における創造発現のパートナーとして、その役割を果たします。

 

図書館の使命

  • 学術情報・資料、研究成果の収集・整理・保管
  • 学習・教育研究のための利用要求に対する効果的な情報提供
  • 知的情報資源の活用による地域社会との連携・協力と生涯学習支援

 

使命達成に向けた目標

  • 学問的雰囲気と活気に満ちた学習環境と利用者中心の図書館サービス
  • 利用者にとって居心地がよく使いやすい魅力的図書館
  • 自立した学習へ導く図書館環境と学術情報・資料の提供
  • 教員・学生・職員のための情報資源へのアクセス手段の提供
  • ネットワーク社会における情報アクセス環境を確保した機能的図書館
  • 情報資源への適切なアクセスを保証する協力プログラムへの参画
  • 地域社会との連携・協力と生涯学習支援のための開かれた図書館

 

図書館長挨拶

図書館長

図書館長名

 山口東京理科大学は「理学の普及を以て国運発展の基礎とする」を建学の精神として1995年に設置され、2016年に公立化されました。基本理念の「世界的視野で物事を思考できる人間性豊かな人材の育成」,「波及効果の期待できる独創的・ 先進的研究の推進」,「教育・研究と地域貢献が一体化した生涯教育の充実」のもとに歩んでまいりました。その「教育・研究」の分野で大学図書館の果たしてきた役割は大きなものです。これからもこの大きな職責を担っていきたいと思っております。

 時代や環境の様々な変化の中で、変革を求められ続ける大学における大学図書館像とはどのようなものでしょうか。学習、教育、研究の場としての学術情報基盤である図書館の充実という基本姿勢は変わらないものの、広い意味での教養教育の拠点として、また地域の知の拠点としての役割を果たしていきたいと考えております。利用者の「学び」を支え、利用者とともに「成長」する図書館をめざしています。 今後とも図書館の活動についてご理解とご協力をお願い申し上げます。